宮里藍プロ、引退

いつかはするものだけど、思っていたより早かった。今の女子ツアーの隆盛は協会の戦略が上手だったからだが、それも役者である選手がいてこそ。宮里プロは間違いなくその立役者だ。31歳は男子ならまだこれからという年齢だが、女子のほうがトップでいられる年齢は若い。それだけ新陳代謝が早いということ。より上手な若い選手がどんどん出てきて、ツアーが活性化している。観客も増えるし、スポンサーもつく。男子ツアーもシードを減らして、ツアー選手の入れ替わりを促進するべきだと思う。写真は2007年のブリヂストンのパーティにて。アメリカに行ったけどまだ結果が出ていない時。表情は暗かったけど、写真撮影の時はにこっとしたことをよく覚えている。年末に協会がプロの表彰をするが、ぜひ宮里藍プロを特別表彰していただきたい。